5月 31, 2012 · Posted in story  

経営コンサルタントとは、企業等の経営状態を、第三者の視点から、情報収集や分析を行い、企業等の経営に関して、助言を行う者の事を指す。この経営コンサルタントは、個人で企業の経営に関するコンサルティング業務を行う者から、企業単位でコンサルティング業務を行うものまで幅広く存在しており、経営コンサルタントから、適切な経営への助言を得る事で、経営の健全化を図るために、経営コンサルタントは非常に重要なものである。


経営コンサルタントになる為には特別な資格は必要ないものの、企業等の経営に関する情報収集や分析を行う能力や、経営に関して適切な助言を行う為の指導やプレゼンテーションを行う能力が必要とされる。つまり、経営コンサルタントは、企業等の経営に関する知識を豊富に有している者であり、経営コンサルタントを名乗る者の多くは、MBAを取得している者や、大学院で経営に関する知識を習得した経営学修士や商学修士等の学位を有している事が多い。


この経営コンサルタントは、企業等の経営に関する情報収集を行い、収集した情報を分析し、経営の健全化や再建を行う為に必要な事項を抽出する事で、経営に関する重要な指導やプレゼンテーションを行う。その為、企業等が、経営に関する問題を抱えている場合に、経営コンサルタントの指導やプレゼンテーションを受ける事によって、経営に関して改善する必要のある部分について改善していく事によって、企業の経営の安定化を図る事が可能になる為、経営コンサルタントは、非常に重要な職業である。

    
5月 28, 2012 · Posted in story  

IT社会と現代が呼ばれるようになってしばらくですが、そのスピードはめまぐるしいものです。システムは大型、汎用的で安価なものになってきています。したがって中小SI企業などはとても大きな課題を突きつけられています。そういった状況の中、求められる資格として中小企業診断士が挙げられます。これからの時代はどのようなものを作るかよりどのように使うかが問われるからです。中小企業診断士はIT社会において必要なスキルになりつつあります。中小企業診断士


これまでの中小SI企業の業務はオンプレミスシステムの構築が主でした。しかし、現在ではパッケージシステムやクラウドシステムの台頭でオンプレミスでは太刀打ちできなくなります。また、そのようなシステムは大きな企業がシェアを獲得するため、中小企業の課題はとても大きなものといえます。したがって中小企業診断士などのストラテジの知識が必要になります。中小企業診断士の知識とIT企業としての知識を駆使しながらコンサル的な立場からでないと顧客のソリューションは達成できなくなっていくでしょう。中小企業診断士


大きなシステムは大企業に任せ、それを上手く利用しながら顧客のソリューションを、確立していく業務のやり方でなければ生き残って行くことはできません。このような観点からも中小企業診断士というスキルは、必要不可欠といえるでしょう。中小企業診断士の資格をとる人が増えてきているようですが、その背景にはこのような事情があることも事実です。中小企業診断士で、時代の一つ先のビジネスパーソンになることをお勧めします。